« 10月13日(土)のつぶやき - 大阪歴史探訪 | トップページ | 10月13日(土)のつぶやき - 秀逸な作品 »

2018年10月14日 (日)

(10月14日)苗代茱萸地味な花ゆえそぞろ寒♪                                      89

苗代茱萸地味な花ゆえそぞろ寒♪ 植物名:ナワシログミ(苗代茱萸) 科属名:グミ科グミ属 開花期:10月〜11月 特徴等:関東以西の本州〜九州に分布する常緑低木で、明るい林や海岸などに自生しています。樹高は2〜3mで良く分枝して、長く伸びて蔓のようになります。葉は長さ5〜8cm幅2〜4cmの長楕円形で、縁は波打ち互生しています。葉の表面は光沢があり、裏面には褐色の斑点があり、葉腋などに刺があります。花には稜があって、やや角張り下向きに付いて開花します。花弁のように見えるのは4枚の萼片で、淡黄白色で褐色の斑点があり葉陰に付きます。果実は15??位の俵形で、翌年5月〜6月に赤黄色に熟し先端に萼筒の一部が残ります。名前の由来は果実が苗代を作る初夏に熟すことからです。 秋時雨苗代茱萸の花汚す ★ ★ ☆ ★ ★☆ ★ ☆ ★ ★ ☆ ★ ★ 我が家の庭で、鉢植えの「苗代茱萸」の花が咲き出しました♪。 ことの始めは盆栽仕立てで頂いたこの小木も何時しか四半期もの歳月を超\xA4
┐討靴泙ぁ∋椎阿覆❹蕕修海修海量擇棒傔垢気擦討靴泙い泙靴\xBF^-^;。 毎年延びてくる枝葉を剪定しては小型化に努めているのですが、なんせ繁殖力旺盛な木のため常に負けそうです。 葉の陰で人知れず密かに咲くとても謙虚な花ですので、全然目立ちません^o^。 葉をかき分けて撮った小さな花の写真も、とても地味で華やかさが無いので、一般的には見過ごされてしまう存在でした。 しかし、来春の暖かさが漂う田園で苗代を作る頃になると、葉陰で俵型の赤い実を実らせて、楽しませてくれます^o^*。 この甘〜い小さな果実も、幸にも葉陰に隠れているので目立たずに秘かに熟している為に、小鳥の餌食になることも余りありません。 知る人ぞ、いやいや『知る鳥ぞ知る』甘〜い実を決して忘れてはいません!。 因みに、俳句では「苗代茱萸」としては季語になっていません。 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 早朝5時の空は雨天で、一面に雨雲が覆っており静かに小雨がそぼ降っています。 予報通りの
雨の日曜日の朝を迎えましたが、昨日の諸々の行動の疲れが出たようで家族夫々が夫々に朝寝を楽しんでいるようで、決して慌ただしさはありません。 既に配達済みの朝刊を取りに外へ出るものの傘が必要なほどの雨に驚きを覚える我が家の早起き鳥でしたが、草木には何となく慈雨になっているようで先ずは一安心です。 幸いな事に、厄介な風も吹いておらず、気温の割には決して寒くも無く、勿論のこと蒸し暑くも無くて、何故か水を得た魚の如くに、生き返るような日曜日の朝を迎える事が出来ました。 まだまだ薄暗くて、辺りの家々は寝静まっている様で、静寂の漂う中で雨音を聞きながらも、暫くは庭のウォッチングに精を出しているのでした。 昨夕は植木鉢の山野草にも水遣りをしなくて正解でして、この雨で生き生きと蘇えったようで、健気に秋の花を咲かせている山野草も秋を満喫出来ている様でホッとしているのです。 今日は次第に高気圧に覆われてきて、濃尾平野周辺は晴れ間が出るが、沿岸部は湿った空気の影響で雲が多くなる予報です。 当地の日中の最高気温は23℃位までしか上がらず、午前中は雲が多く、午後になると日差し
が出るので比較的過ごし易い一日になりそうで嬉しい限りです。 昨日の大池公園のテニスには以前一緒にプレイしていたKさんが会社の行事参加の為に来名して、久し振りにテニスをプレイしたので、とても楽しい一時が過ごせました。 何時もながらのメンバーで試合をするにも、ほぼマンネリ化状態ですので、一人の加入の影響で変化が出て何時も以上に楽しいテニスが出来て大満足でした。 その所為もあってか?今朝はテニス疲れが残っており、何となく気怠さと無力感があるので、今日は一日ゆっくりとのんびりと休養&静養して、明日への鋭気を養いたいと思います。 幸か不幸か朝から雨模様の天気では外出も儘ならず億劫ですので、テレビでも見ながらのんびりと過ごしたいと思うばかりです。 皆さんも、異常気象の健康管理に注意して、今日も一日ご安全にお過ごし下さい。 ★ ★ ☆ ★ ★☆ ★ ☆ ★ ★ ☆ ★ ★ (↓クリックして下さいね!)

« 10月13日(土)のつぶやき - 大阪歴史探訪 | トップページ | 10月13日(土)のつぶやき - 秀逸な作品 »