« 白鵬の品のなさ、だから張り手を復活させたのであろう(ツイッター風ブログ) | トップページ | 久し振りに和柄でメガネケースを »

2018年9月16日 (日)

三連休(2018年9月16日(日)) - 篠栗町柔道部(篠栗道場)裏


世間では三連休。
明日が祝日ですが、何の祝日かわかっていますよね?

さて、三日以上の連休は篠栗、の法則で、今週は篠栗にいます。
自宅・別宅を問わず、天気の影響などもあり、一か月ぶりの道着です。
気温はそれほど高くはありませんが、かなりの高湿度(=不快)な篠栗武道館でした。

小学生組は、九州強化合宿で行われたという足技の基礎的な講習内容の紹介、および、寝技の超初歩的な返し方の講習がなされました。
前者は、教え方は違いますが、皆教えてもらっている技ですよね?
後者は、寝技の乱取練習をしていても、一通りの形はやろうとしているのはわかりますが、ポイントが押さえられていないなと思う場面が多々ありました。理屈を考えれば、今日、教えてもらった通りにやるのが合理的だと思います。
明日になれば全部忘れる、では進歩がありませんので、少しずつでも(できれば、今日の内容くらいは全部)身に着けてもらいたいものです。

中学生組は、師範から投げの形の講習を受けていました。
昇段の時に、形の試験をかわしてしまえばそれっきりとなりがちですが、形は(語学における)文法のようなもの、と(確か講道館長のお言葉)があります。
形をきちんと学ぶことにより、技の理屈がわかるという場合もありますので、大切にしてほしいですね。

前後しますが、小学生組には、よく知らない子がいます。
幼児組は、現役小中学生のきょうだい児という子が多いので(きょうだい児ばかり?)、顔は大体見知っているつもりです。顔を見て、だれのきょうだいかということくらいは判断できますが、名前が頭に入っていません。今日の練習で、顔は大体頭に入ったと思いますので、次回は復習して名前と顔をリンクさせておきます。
また、幼児組が園長先生の指示に対応できているように見えました。園長先生をはじめ、幼児の面倒を見られていたみなさまのご苦労には頭が下がります。この調子で、柔道も上達していってくれると良いですね。将来が楽しみです。

来週も、三連休ですが、前述の法則は、どうなるのでしょう。
悪くとも、十月の三連休にはお会いしましょう。ではでは。

« 白鵬の品のなさ、だから張り手を復活させたのであろう(ツイッター風ブログ) | トップページ | 久し振りに和柄でメガネケースを »