« エヴァスウェット買ったった | トップページ | アジア的停滞の意味を理解できない中国人! »

2018年3月12日 (月)

バタバタと通り過ぎた啓蟄

36啓蟄
地中で冬ごもりをしていた虫や蛇、蛙、とかげなどが、早春の光を浴びて温もった土から這い出してくる時期です。
ほぼ日手帳より
啓蟄と言いつつ寒暖差が激しく、花粉症と風邪で職場内が荒れております
35月は強風で、傘も一本駄目にしてしまいました。
そして、3/1には親戚の不幸ごとがあり、3233と帰省していました。
その分先週は仕事もハードでした。
いやぁ。
いかにいつもの週末、のほほんと過ごしていることか。
啓蟄らしい画像も無いのですが、3/10土に行った金沢文庫の道すがらで梅と鶯を。
赤門通りから庭園トンネルを抜けると到着。
と言いつつ、行きは間違えて裏道から入ったのですが。
お膝元ならではの展示物でした。
運慶最晩年作である大威徳明王など、見応え十分でした。
疲れていたけど思い切って出かけて正解でした。
帰りは横浜中華街へ。これはまた今度UPします
皆様もおからだご自愛下さい。

« エヴァスウェット買ったった | トップページ | アジア的停滞の意味を理解できない中国人! »