2018年4月22日 (日)

ベトナム航空でも親子丼とか カツ丼かな?食ったことあるよ

■アメリカン航空の機内食で出る『カツ丼』が激ヤバ! 日本人がビビる味つけとは
(しらべぇ - 04月21日 19:01)

20018年3月4日の静岡マラソン2018を走ってきた


静岡マラソン2018からはや一カ月半が経過しました。
今更だけど、この悔しい思いを記録として残すために、すこしづつ書き溜めていたものを今夜リリースします。

レース直前、ようやく気管支も落ち着いてきて、少しは走るという行為に対する不安も和らいできた。ただ、少しでも乱暴に走るとすぐ気管支が悲鳴をあげる。
うまく付き合って行くしかない。

練習不足はどうにもならないから、42195kmを走りきる筋力が足りないのは明白。

今回はスタートラインに立つことと、タイムは狙えないから走りきることを目標に参加しました。

レース当日、始発に近い時間の電車に乗り、在来線から新幹線に乗り換え静岡へ。
新幹線の自由席にはランナーらしき格好の人たちが多く座っていた。
ほぼほぼそんな人達で満席状態の中、空席を見つけ座ることができた。

新幹線だとあっという間に静岡。

静岡に着くと寒い。
でも、この日は気温が上がる予報。
走り込んでないから体力もない。暑さで消耗するのは避けたかった。
気温があまり上がらないことを願いつつ会場入り。

するとすぐにランニコさんとクダリバンチョーさんと会うことができた。
そのシチュエーションがトイレの前だったのは、人が集まりやすい場所だから必然だったのかも。

ちなみに、クダリバンチョーさんは応援のために駆けつけてくれたとのこと。
ありがとうございます。

スタートは8:20。整列のために7:20から並ぶ。

この日はウェアリングに悩んだ。
スタートしたあとから気温が上がる予報。でも、整列時はまだ寒いまま。
スタート整列時に体が冷えないように、モンベルEXライトジャケットを羽織って整列。持参したアームウォーマーは結局傾向せず。

この日のウェアリングは、
adidastakumirenboost3
tabioracingrun5fingerssocks
Patagoniastriderproshorts13cm
GU
T-shirts

今回、俺はAブロッカー。過去の実績とエントリーしたときの目標タイムからAブロッカに割り振られた。

Photobyクダリスポーツ

ただ、前述のとおり、全く仕上がっていない。

8時少し前だったかな、この集合場所から、本当のスタート位置へ移動する。

俺、Aブロッカーだから、こんなにもスタートゲートが近いんだぜ。。。

この後、最終的に1300人ぐらいに抜かれたのかな

お偉いさんたちのありがたい話を聞いた後、スタートの号砲が鳴った。

スタート早にまわりのランナーに置いてかれる。
そりゃ、そうだ。
ここはAブロック。サブ3とか3時間10分切りを目指すランナーのブロック。
俺はエントリー時に3時間10分切りを目標タイムとして申請。
今回はその目標はクリアできないけど、せっかくいただいたAブロック。そこからスタートさせてもらうことにした。

フルマラソンを走りきれるかどうか不安さえあった。だからゆっくりと入ろうと思ったけど、まわりのランナーに流されて想定よりもだいぶ早いペースで走っていた。

スタートからゴールまで、ほとんど追い越され基調でレースが進んだ。

スタート位置からすると俺は何番目ぐらいの位置に並んでいたんだろうか?
そして、何人のランナーに抜かされたんだろう。

それにしてもレースに調子を合わせられないなんて情けない。

まわりの人を気にしても仕方ない。

やれることをやるだけ。
調子を合わせられなかったとは言え、サブ4は死守したかった。
そして、あわよくばサブ35をクリアしたかった。
スタートから早の2km付近でランニコさんにサクッと抜かれた。相変わらず身の運び、走りが軽い。羨ましい。
ランニコさんはここ数年、マラソン大会に出ていないためエントリー時に申告できる持ちタイムがないようで、持ちタイムなし申告タイムでBブロックに割り振られたようだ。

そのあとも追い越され基調で進んでいく。

少し行くと尿意を感じた。
静岡駅を降りてからスタートする前の一時間ほどの時間で2回もトイレに行ったのに。
この日、スタート前までは寒かったか。体が冷えてトイレに行きたくなるのもしょうがない。
でも、なんで寒いとトイレが近くなるんだろう。
せっかく温まった尿を湯たんぽのようなイメージで考えると、温かい水分を体内から排出すると体も冷えるよね。
寒い時のこの生理現象はなんなんだろうか。

我慢できずに、結局5km付近のトイレに行った。
この辺りから両足の脛が張ってきた。足の運びも悪くなる。
その昔は走力がまだない時、たまにこの張りを感じることはあった。そのあとはこの張りを感じる事はほとんどなかった。さらには、昨年末からの練習でも、これを感じることはなかった。
なんだ!?
このままでは距離を踏むたびに張りが強くなるから10kmも脚が、いや脛がもたないと判断した。
どうしようか。いつもと違うことを探った。シューズも腕振りもフォームも、いつもと一緒。
ただ違ったのは痙攣にびびって脹脛に貼ったキネシオテープ。
普段の練習では張っていない。レースの時にたまに張っている。
まずはこれを剥がすことで、脛の張りが治ればと思い、コースを外れた農道で脚を止め、左右のキネシオを剥がしてポケットに突っ込んだ。

そのあとは不思議なほどに脛の張りが無くなり、ゴールするまで気にすることは無かった。脹脛の痙攣予防が脛に仇するとは思ってもみなかった。
遅いながらも今日は気持ちよく走れている。
距離を拾うのが楽しかった。

16km付近。

安倍川沿いの土手に出た。
黄色い声援が聞こえてくる。

どうやら近くの高校のチアリーダー達が応援してくれているらしい。前を行くランナーは連続ハイタッチをして盛り上がっている。

みんな、今日は何しに来たの?
マラソン大会でしょ。
しかも、俺の周りにいるランナーは、それなりのタイムを狙ってるんじゃないの?

今日俺はタイムは期待できないけど、走りに来た。PBは更新できないことは百も承知。
でも、真剣にレースに挑み、絞れるだけの力を出し切ろうと思ってスタートラインにだった。

ハイタッチで余計な体力消費とか、ランニングのペースを崩されたくない。。。
チアリーダーはレースの進行方向向かって右側の土手沿いで黄色い声援をあげている。
俺は進行方向向かって左寄りの道路を走っている。
前だけを見て、走っていこう。

気付くと、道路右側を俺は走っていた。
さらには前だけを見て走っていたつもりが、ありがーとー!!って言いながら、チアリーダー達が差し出した手に連続ハイタッチをしている。

不思議と元気をもらえた。

ハイタッチって不思議だな笑

しばらく元気に走っていたつもりだけど(笑)、海岸線に出る手前で右太腿がピキピキ言い出す。
今日は走り切りたいんだ。
このまま行くと間違いなく痙攣をおこしそうだからペースを落とす。

22kmほどの地点で海岸線に出た。

走っても、走っても景色が変わらない。

疲れが露骨に表われてきた。さらにペースが自然と下がる。
脚が前に出ていかない。
体も急に重たく感じてきた。

25km過ぎぐらいからはいよいよ距離が進まない。
両方の脹脛も攣りそうになる。
さらに一段、ペースを落とす。
この景色の変わらない海岸線が精神的にも筋力的にも辛かった。
長ーい海岸線沿いのランが終わり、35km地点から市街地に入ってきた。

なんた、残すところ10kmを切ってしまった。

そう思いつつも、足取りは重い。

でも、ここからが本当にキツかった。

もう精魂が尽きてきた。

ギリギリの状態で走っているとクダリバンチョーがどっかの曲がり角で大声でランナーを応援している。

40kmからが本当のマラソンだ!!そんな事を言っていたような気がする。

そしてその直後、右腹筋がピキピキしてきた。

この痛みはやばい。

数年前の湘南国際マラソンで経験した痛さだ。

このままいくと腹筋の収縮が進みたぶん痙攣だと思う、上半身を折りたたんだような形になって、最後には痛みに耐え切れずに脚がが止まる事を経験している。
ヤバいな。
おそらく、左右の肩の高さを平行に保った姿勢はとれず、右方が下がり、右腹筋が収縮した状態で移動をしていたと思う。

そうして、案の定、早歩きもできない状況で足が止まった。
終わった。

せめて、走り切ろうと思っていた静岡マラソン。

ここに来て止まってしまった。

動けない。

ここからしばらく、歩いたり止まったりを繰り返した。時計のカウントが進んでいく。

まわりのランナーは苦しさに耐えつつも走っている人もいる。俺は止まっている。。。

情けない。
走り切るつもりが、やっぱりそれだけの筋力が養われていなかった。
しばらく腹筋の痙攣と格闘しつつSTOP&GOを繰り返す。
その間もどんど苦しさに耐えながら走っているランナーに追い越されていく。
どれくらい時間を要したかわからないけど、なんとか歩く程度のスピードで動き出せた。
すると今度はお待ちかねの脹脛だ。

踏んだり蹴ったりだ。

所詮はそんな実力だって事か。

けして早くはないが、脹脛の痙攣は痛みをごまかしながら走れるフォームを知っている。
そんな満身創痍な状態でゴールした。
完走メダルを首にかけてもらうためにスタッフの方へとヘロヘロと歩み寄った。
そして、俺が頭を下げる形で、完走メダルをかけてもらった。
俺はそこそこの身長があるから、直立した姿勢ではスタッフの方は俺の頭の上まで手が届かない。
届いたとしても、メダルをかけるだけの余裕はないはずだ。
まるで、俺の首にメダルをかけてくださいと頭をさげて懇願しているような姿だったと思う。
つづいてフィニッシャータオルをもらった。
たぶん、フィニッシャータオルは初めてかもしれないから、これは嬉しかった。
運搬してもらったAブロックの荷物受取場所にたどり着いた。
多くの預け荷物が引き取られていていた。
それりゃAブロックでこの時間にゴールする人は少ないだろうからね。
意気消沈して着替えているとランニコさんが来てくれた。
どうやら、ランニコさんは目標達成ができなかったらしい。当人の考え方があるから、俺は擁護するような発言は控えた。

目標としていた内容に違いはあれど、二人とも撃沈だった。
二人とも凹んでいたけど、ビールでその気持ちを紛らわした。

満面の笑みでビールで乾杯。二人とも凹んでいるのかはこの写真からは判断がつけられない(笑)
この後は、山梨のランニコ部員とクダリバンチョーと合流してフィニッシュ会場で呑んだくれていた。
そして俺は酔いつぶれた。
レース内容もショボイし、飲みでもショボかった。

これで今年のマラソンシーズンが幕を閉じた。

目標としていたサブ315は来シーズンに持ち越しとなりました。
言い訳はたくさんしたいけど、これがいまの実力だからどうしようもない。

来シーズンに向けて走り出します!
次は4月の富士登山競走、0次関門突破が目標です。
おしまい。

2018年4月21日 (土)

瑞雲祭り不参加の関西勢わい最新情報をひ

瑞雲祭り不参加の関西勢わい最新情報をひたすら待つ。

2018書評104

「平凡な革命家の食卓」 樋口有介、祥伝社。
う〜ん・・・、このタイトル、作品にふさわしい?
最初に思ったのがこれ。
樋口作品らしい、簡単に表現しづらいんだが、軽いキャラたちが多く登場するんだが、事件の真相は意外とヘビー。
今回は途中で、犯人というより真相は何となく分かった上で読んでいたら、想像通りでちょっと残念な感じがしちゃいました。
個人的には、もう少しあの人の昔のエピソードを出して、今と対比させることで、ラストがより印象的になった気がします。
まあ、樋口作品読めたから、基本満足しているんですけどね。
100点満点中69点。

2018年4月20日 (金)

LINEくるんじゃないかと鬱

46歳団体職員の人から

昨晩も21時くらいに
こんばんは。
お仕事お疲れ様でした。
とLINEがきました
あーあ、またきたよLINE
といった心境
昨晩は会社の後輩の子とLINEしてたので、それが落ち着くまで46歳団体職員のLINEは未読スルー
未読のままだと面倒な反応くるよなーと思って既読にしたものの
返信する気が起きない
返信して、また
電話していい?
ときたら嫌だし、LINEのメッセージでやりとりするのも嫌というか、もう興味ないからやりとりする内容がない
そしてそのまま既読スルー
その後寝落ちしてしまい目が覚めたらコタツで寝ていて夜中の2時過ぎ
スマホ見たら46歳団体職員からLINEきてました
もうLINEしない方がいいですか?
だって
はい、そうですね。と返したかったけど、夜中なのでやめました。
おはようございます。と朝LINEするのも嫌だったし、通勤途中にスマホで音楽聴いてるところに46歳団体職員からのLINEが入るのも嫌だったので
会社に着いてからLINEしました
出勤した後はスマホ持ち込み禁止なのでロッカーに入れっぱになるから気にしなくて済むしー
すみません。毎日LINEする時間があるわけではないので、申し訳ありません。

と送りました
今お昼休みでスマホ見たら
こんにちは。
忙しいのにごめんなさい
ときてました
これには返信しないでいいよねー?
毎日のように
忙しいですか

と聞いてくるのが、本当に鬱
忙しい忙しくない、じゃなくて
46歳団体職員の受け答えにイラッとすることが多いので、会いたくないし、もうLINEもしたくない
という心境なんです。
自分で選んで?おいて何ですけど
失敗したなー
今日はもうLINE返信しません。
今日からLINEきませんように
諦めてくれますように

aje#

何の為に、誰の為に頑張るのか、生きていくのか
解らなくなった時に
繋いでいた糸が切れたように、どん底に落ちた
何度も味わってきたのに、今回は違う
辛くて、寂しくて、悲しくて泣いた
他に幸せな事が無かったから
何も失くなった
自分で見つけようとするけど、心が心を守る為に、虚勢を張ってしまう
遠くに行こうかとか、ふと考える

4月19日木

夜中から風邪の症状。
喉痛と軽い頭痛。
仕事の予定も考え、午前休で早めに休息。

夜、くんの面会。

その後、叔父さん宅に行き、退院後の様子を伺う。
特に問題なく、大丈夫そうで安心。

帰宅後、自炊。

チンジャオロース。
毎日食べ過ぎなのに、ご飯がすすむ。
節制だぞ、自分。

2018年4月19日 (木)

チャイルドセラピスト


今日は、河間恵さんのチャイルドセラピスト講座を受けてきました!

初日から内容が濃すぎて疲れがすごい。。
自分の嫌な部分が早速出てきてしまい、拒否反応がハンパない。

これから、しっかり学んで子育てで悩んでいるママさんはもちろんだけど、頑張っているのに上手くいかないと悩んでいる人たちの助けになりたい!

そんな想いが湧いてきました。

だって、
全ての答えは自分の中にあるんだもの。
学び進めていくのが怖くもあるけど、すごく楽しみ。
今日は心身共にものすごく疲れていたので
マッサージに行ってリフレッシュしてきました

何年かぶりのマッサージ。
幸せな時間でしたー

さて、また自分と向き合います!!

不安や疑ぐりなんて小さくなあれ自分満足で心の栄養がいっぱいなら笑って過ごせるわ

ホントの恋のススメ方
あや子です

ご訪問いただきありがとうございます。
いいねや読者登録を励みにしております

また誘われる愛されコミュニケーション講座
出逢えて愛されまくる恋愛コミュニケーション継続講座
未来が変わる自愛力ノート実践講座
4月満席5月ご案内中

ちょっと前の話になりますが、
彼6歳年下の外国人と
箱根に出かけた時のこと。
以前も箱根神社に行ったから、
カーナビに履歴が残っているかもと
調べ始めたの。
そしたらね、
一緒に行ったはずのない観光名所が
いろいろ出てきたわけです。
例えば
鎌倉の大仏ね。
私大仏?
いつ行ったの?
彼え?だいぶ前じゃなかった?
一緒に行ったでしょ?
私私、行ってませんけど
彼え
その後、彼は慌てふためき
しどろもどろ笑
必死になって誰と行ったのか
過去を振り返り思い出していましたよ。
私はその様子が可笑しくてね笑
昔の私なら、
誰と行ったの?
まさか浮気したの?
そんな疑問を抱えながらも言えずに
モンモンとしていたと思うの。
楽しいはずのデートが
一人テンションだだ下がり。
笑顔が引きつっていたはず笑
彼の言動が信じられずに
一人でショックを受けて、
もうすぐ振られちゃうのかな
私が浮気相手なのかな
この時間はなんだったのよ
勝手な思い込みに苦しめられて
いたことでしょうね。
でもね、
自愛力を学び、
自分満足で心の栄養が満たされている私。
そんなことぐらいで凹みはしません。
大笑いですよ
浮気できるもんならしてごらんなさいよ!
こっちから願い下げだわ
アラフォーバツ1女のクセに強気です笑
自分満足にあるからこそ、
ネガティブな感情が浮かばずに、
落ち込まないし、イライラモヤモヤしない。
不安が湧いてこないから
彼を責めることはしないし、
笑って聞くことができたんだ
もし仮に浮気なんてしていたら、
自分が望む幸せがわかるので
さよならする覚悟だってあるわよ
結局のところ、
外国からお友達が遊びにきた時に
一緒に出かけただけでした笑
大仏写真を見せられました

お腹が空けばイライラするし、
やる気が出ないでしょ?
睡眠不足になれば
頭はボーとして
集中力が切れるでしょ?
全ては不足からなの。
心だって一緒
自分満足好きを選ぶ
ことで心の栄養は満たされる
美味しい物を食べて、
お腹がいっぱいだったら幸せのように、
フカフカのお布団で
ぐっすり眠れたら
目覚めが最高のようにね。
自分満足で心の栄養を満たせば、
自分の思い込みに支配されることなく、
笑顔の毎日を過ごせるわよ
未来が変わる自愛力ノート実践講座
4月満席5月ご案内中

個別セッションお申し込みはこちら
3月以内に理想の彼と出逢う最愛のパートナーオーダー講座

また誘われる愛されコミュニケーション講座出逢い編

出逢えて愛されまくる恋愛コミュニケーション継続講座

ツァイ恋サプリコラム始めましたこちら
ご登録ありがとうございます
ブログには書かない内緒話も
LINEクリック

mff9595y

あきらめたらよい


あきらめたらよい
あきらめがないと、依存欲により死ぬ
つまりは、簡単だ
あきらめたらよい

«今日は地図の日